ごあいさつ

豊橋技術科学大学は、研究開発したマルチモーダルバイオイメージセンサの多面的な応用により、医療・化学・バイオ産業等の発展に貢献することを目指すため「マルチモーダルバイオイメージセンサ研究会」を平成24年5月に設立しました。

本研究会は、このセンサ技術の広く様々な分野での実用化・事業化を目指しています。また、分野横断的に幅広い観点から研究機関、産業支援機関、企業、官公庁の方にご参加いただき、有機的に議論を行い研究の進展を加速化させ、マルチモーダルバイオイメージセンサ(イオンイメージセンサ)を応用した産業貢献、新事業創出、市場参入を目指した活動を展開しています。

これまで本研究会には、企業会員を中心に産業界からイオンイメージセンサを応用した多くの分野への展開やイオンイメージセンサ及びシステムの安定的な供給が可能な製品作りについて多くの要望がありました。この要望を受け、この度平成28年9月に「一般社団法人豊橋センサ協議会」を設立し、引き続き本研究会の推進とイオンイメージセンサの社会実装を目指すため活動を開始しました。

豊橋センサ協議会では、イオンイメージセンサシステムを構成する、センサ・パッケージ・計測装置・ソフトウェア等の各製品に対し、中立な立場で技術仕様及び製品仕様等の基本仕様や出荷基準等を策定し、システムの規格・仕様を統一した製品として市場を開拓し、社会実装への促進を目指します。

イオンイメージセンサシステムの規格化・標準化については、システム標準化委員会を設置し、規格決定並びに申請を行っていく予定です。その設置前の準備段階として、外部有識者、専門家指導の下、規格化・標準化に向けた仕様の検討及び協議を行う組織「標準化準備会」を発足する運びとなりました。

この準備会での検討・協議を経て、システム標準化委員会を設置し、規格認証の取得を目指します。現在、準備会への参加企業様を募集しております。この機会に是非ご検討いただき、私共とイオンイメージセンサシステムの製品化と社会実装に向けた活動にご参加くださいますようお願い申し上げます。

一般社団法人豊橋センサ協議会
代表理事 冨田 充